2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 【11】うまぬしの義務 | main | 【9】年度代表馬・サマーシリーズ その他ボーナス >>
【10】破産について
「破産」とは、22:01の段階で、すべての収入・支出の計算を終えた結果、所有金額がマイナスになっている状態のことを言います。
「破産」には通常の「破産」と、「自己破産」と、落札による支出が大き過ぎたために起こる「落札破産」の3種類があります。

’忙
毎月1日の管理費引き落としや、罰金の支払いその他の理由で、所有金額がマイナスになった場合には、そのうまぬしさんは「破産」となります。主催者は、本人に確認の上、破産で間違いなければそのうまぬしの活動権利を一時的に剥奪します。破産中には、入札、手放し、ウインズうまぬしその他、カジノでの当選申請に至るまで、ほとんどのうまぬし活動が認められなく(無効に)なります。

・競売
主催者は、破産者の持ち馬を1頭、独断で差し押さえ、「うまぬしセレクトセール」掲示板にて競売(けいばい)にかけます。売却後、破産者の所有金額がプラスになっていなかった場合は2頭目の競売へと移り、所有金額がプラスになるまで上場し続けます。
※競売による売却金額の半金は手数料として主催者が貰い受けます。

その際、上場する馬については、仮破産者には一切相談せず、主催者の主観で、最も高く売れると判断された馬から順に上場していきます。また、もしもセレクトセールで買い手がつかずに売れなかった場合には、主催者がその馬を「手放し」し、次の馬の上場へと移ります。主催者が「手放し」た場合には手数料の半金は貰い受けません。

上記の処理によって差し押さえ馬を全部売却した場合、もしくは競売継続が不可能と判断して全馬手放した場合、持ち金をプラスにすることのできなかったうまぬしさんは、「復帰の見込みのつかない破産者」となり、今後もうまぬしくんを続ける意思がある場合には、破産経験者として持ち馬ゼロからやりなおしてもらう形をとります。
その際、登録馬主名は「破産時の名前」+破産経験者を意味する「(破)」となります。
例えば、うまぬし名「うまぬし牧場」が破産した場合、「うまぬし牧場(破)」として、うまぬしを継続することとなります。

破産者は再登録後は持ち金8,000万円からのスタートとします。
また、破産2度目からは持ち金が1,000万円ずつ少なくなります。例えば、2度目の破産者は7,000万円からのスタートとなります。

(破)マークは、一瞬でもランキングで10位以内に入ったとき、まっとうなうまぬしと認められ、とることができます。例えばポイントランキングスタート1週目においてたまたま勝ちを納め、その結果一瞬だけ10位以内に入った場合でも、(破)マークは返上することができます。

⊆己破産
所有金額上は破産していなくても、戦略上のミスで所有馬も持ち金も少なくなり、先の見通しがつかない場合など、最初からやり直したい場合、自己破産をすることもできます。ただ、自己破産は主催者の了承が必要なため、なぜ自己破産したいかを主催者に報告し、納得させなければなりません。主催者は連絡を受けたら、状況を判断し、自己破産しなくても継続してもやっていけると判断した場合には、申請を却下することができます。
(逆に主催者から自己破産を勧める場合もあります。)
自己破産を行った場合も、(破)マークをつけ、8000万円からリスタートとなります。

L詰な落札による「落札破産」
例えば所有金額が1億円で、『入札した馬の全てを落札することは無いだろうという考えで1億2000万円分の入札をした場合』と、『万が一全ての馬を落札できた場合に備えて1億円までで入札額を抑えた場合』では、結果的に前者の方が、有利な結果に終わる可能性があります。
「破産」は、本来してはいけないもので、特に主催者の手間を増大させ、更新作業に影響を与えることから、「ペナルティさえ受ければ許される」「ペナルティのリスクを覚悟して行う入札は自分の勝手」とは、主催者としては考えておりません。

そのため、破産覚悟で一か八かで入札をする行為は「悪」であり、抑止策として、リスクをさらに高める厳しい特別なルールを導入しています。

 ・落札により破産をした場合、その週に落札した競走馬全ての所有権利を強制的に無効とした上で、さらにペナルティとして落札金の総額をそのまま没収し、即、破産者とします。
該当馬は入札金額次点のうまぬしさんに自動的に引き継がれ、その旨は郵便局より該当するうまぬしさんに報告されます。この落札馬の引継ぎは、主催者が止むを得ないと判断する場合を除き、次点入札のうまぬしさんが望むか望まないかに関わらず実行されます。
・落札破産者に対しても、競売を行います。方法は通常破産と同じです。

※管理費徴収日(毎月1日)が落札日(毎週水曜日)であった場合も、「落札破産」と判断します。
| 主催者 | ルール(2010改訂版) | 16:26 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ