2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 海外レースの格付け | main | 団体戦「花鳥風月」シリーズ 11・1 >>
ポイントランキング 11・1
今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング11月1日バージョン更新です。




【重賞勝利うまぬしインタビュー】
京都・スワンS(G2)優勝
マルカフェニックス

福永祐一騎手「先行しそうな馬はわかっていたので、その馬の後ろあたりからレースをしようと考えていました。馬体重がプラス14キロということでやっぱり太かったですね。でも1400mは得意な距離なだけに落とせないレースだったので、勝ててよかったですね。最後は止まりかけていましたが、能力で踏ん張ってくれました」

東京・天皇賞・秋(G1)優勝
ブエナビスタ

C.スミヨン騎手「はじめは後ろでしたが、2000mのレースはスローになることが多いので、早めに動いていきました。残り500mあたりから仕掛けていきましたが、今日の内容はよかったと思います。次も楽しみです」
| 主催者 | 第23回ポイントランキング | 21:31 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ