2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< ウインズうまぬし 11・28 | main | 団体戦「花鳥風月」シリーズ 11・28 >>
ポイントランキング 11・28
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★園田・兵庫ジュニアグランプリ(G2)11月23日
.螢▲薀ぅ坤離罐瓠 奮堯縫瓮侫スト 1760万円 40P
ケイアイカイト ケイロン企画 316万円 7P
ゥ織咼函R×Bレーシング 140万円 1P

★浦和・浦和記念(G2)11月24日
.好沺璽肇侫.襯灰鵝.泪ガイ事務所 3200万円 40P
▲椒薀鵐織后.妊供璽肇ントリーRC 1120万円 13P



今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング11月28日バージョン更新です。



★ランキングピックアップ
【優勝争い】
1 VIP ラッドランファーム 643
________________________
2 VIP・殿堂 ハレルヤ牧場 630
3 VIP XYZ 523


【VIP争い】
10 VIP フジノファーム 352
________________________
11 VIP 新世紀サンライズHC 315
12 マクガイ事務所 311
13 (株)猫乃眼本舗 297
14 Ruffian H&S LLC 292
15 システマックス(株) 286

【団体戦出場権争い】
39 ホワイトファーム 62
40 芦花公園管理 59
41 ライジングHC 54
________________________
42 ケイロン企画 50
42 (株)Fortune 50
42 バイオファーム 50
42 (有)Y.Tグループ 50
46 XJ牧場 47




【重賞勝利うまぬしインタビュー】
浦和・浦和記念(G2)優勝
リアライズノユメ

マクガイ事務所「今日は好スタートを切った時点で勝ちだとわかりました。
 負ける可能性のあるJCダートより、負ける可能性が少ない浦和記念を選んで正解でした。けど今回は調教のようなものだったのでJCダート出てきても面白そうです」

武豊騎手「前走JBCクラシックの時よりも、今日の方が落ち着いていました。状態も良いと聞いていましたので、先手を奪った方が確実だと思い、今日も逃げました。いいペースで走れて、僕は乗っていただけという感じです。状態の良さも伝わってきますし、自信を持って乗ることができました」

小崎憲調教師「重賞12勝目になりますが、よく積み重なりました。以前は返し馬で引っかかり、騎手がなだめていたのですが、今日はそんなところも無く、精神的な成長が大きいですね。JBCクラシックのダメージも無く、調整もしやすかったです。昨年は、スタート直後にぶつけられるアクシデントがあったので、武騎手には「入り方だけ注意しましょう」と話しました。今のところ、年内はこれで休養の予定で、また来年、無理なく無事に使いたいと思います」


京都・京阪杯(G3)優勝
スプリングソング

池添謙一騎手「1年7ヶ月のブランクを乗り越えて、今日もしっかり勝ってくれました。先頭に立つとソラを使う癖があり、直線両サイドから交わされましたがそこからよく盛り返してくれました」


東京・ジャパンC(G1)優勝
ローズキングダム

武豊騎手「今日はこれまで2戦と比べても、妙に馬が落ち着いていて、戦前は『これはどうかな?』と感じていました。内枠が欲しかったので、6番枠はよかったですし、1コーナーへの入りはエイシンフラッシュのすぐそばで、いい感じでした。道中は行きっぷりが良すぎるぐらいで、馬をなだめるほどでした。直線も不利はありましたが、そこまでは前も開いて、しっかりと伸びてくれました。GIを勝てたことは嬉しいです。今年は怪我もあり、いい馬に巡りあえないかもしれないと思っていましたが、こういう素晴らしい馬に会えて、勝利をプレゼントできたことが本当によかったです。次は1位入線で1着になりたいと思います」

橋口弘次郎調教師「勝ちましたけど、複雑な気持ちです。秋3戦目、関東への輸送でしたから、春のように体も減るのかと思いましたが、菊花賞からマイナス2キロ。確実に馬が成長してくれています。菊花賞は位置取りが後ろすぎましたが、今日は思い通りの位置につけて、しめしめと思って見ていました。直線、不利はありましたが、そこから見せてくれた根性には目を見張るものがありました。最後のひと伸びとあの根性は本当に素晴らしかったです。これだけのメンバー相手にやれましたし、次は有馬記念に正々堂々と向かいます」
| 主催者 | 第23回ポイントランキング | 21:45 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ