2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦「花鳥風月」シリーズ 12・5 | main | キャセイパシフィック香港国際レース >>
ポイントランキング 12・5
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★浦和・マルチサンド特別ウインリーズン号
(バイオファーム 11月30日扱い)
500万下クラス→(賞金500万×0.8=400万円、獲得ポイント=2ポイント)


今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング12月5日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
阪神・鳴尾記念(G3)優勝
ルーラーシップ

岩田騎手「休み明けで、追い出してから少しモタモタするようなところがありましたが、流石ですね。折り合いもついて、どっしりと落ち着いていました。春に比べて成長して来ています」

角居調教師「今のままだと賞金が足りないかもしれないようです。後は有馬記念のファン投票が明日締め切りみたいなので、ファンの皆さんよろしくお願いします。春に比べてひと回り大きくなって、この血統らしくお尻が大きくなりました。かなり芯が入ってきた感じです」


中山・ステイヤーズS(G2)優勝
コスモヘレノス

(株)猫乃眼本舗「近2走から力を付けているのは解っていましたが、まさか勝つとは。松岡騎手の内ベタ騎乗も見事でしたが、丹内騎手や中谷騎手の攻めの騎乗が、この馬の良さを引き出したと思います。まだ3歳。更なる成長を期待したいです」

松岡騎手「2〜3番手につけたくてスタートを気をつけました。道中は自分のペースで進め、手応えもずっと楽でした。後はどこに出そうかと考えるだけでした。距離ももちますし、天皇賞などで頑張って欲しいです」


阪神・ジャパンCダート(G1)優勝
トランセンド

藤田伸二騎手「人気に応えることができて嬉しいですね。スピードのある大型馬で、とにかくこの馬のリズムでレースをすることを第一に考えて臨みました。大型馬でストライドの大きな馬なので、思っている以上にスピードが出ています。とにかく前走と同様のメンバーで外国馬がいない中、絶対に勝ちたかったですからね。GIホースになった今後は胸を張って勝ち続けて欲しいですね」
| 主催者 | 第23回ポイントランキング | 23:49 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ