2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< ウインズうまぬし 12・19 | main | 団体戦 花鳥風月シリーズ 12・19 >>
ポイントランキング 12・19
  【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★川崎・全日本2歳優駿(G1)12月15日
.咼奪哀蹈泪鵐后鳴尾牧場 2800万円 100P
▲螢▲薀ぅ坤離罐瓠(株)メフィスト 980万円 33P
ぅムラン ラッドランファーム 280万円 7P
ゥ肇Ε轡腑Εラウン オリジン愛馬会 140万円 3P




今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング12月19日バージョン更新です。



★ランキングピックアップ
【優勝争い】
1 VIP ラッドランファーム 803
___________________________________________
2 VIP・殿堂 ハレルヤ牧場 694
3 VIP XYZ 668


【VIP争い】
8 Borse Racing 401
9 VIP 新世紀サンライズHC 397
10 VIP フジノファーム 396
___________________________________________
11 (株)猫乃眼本舗 383
12 カルテット・マジコ 364


【団体戦出場権争い】
40 ロマンチックRHC 69
41 ライジングHC 60
___________________________________________
42 芦花公園管理 59
43 ディヴァインブラッドストック 57
44 ケイロン企画 56
45 バイオファーム 54


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
川崎・全日本2歳優駿(G1)優勝
ビッグロマンス

田中勝春騎手
この馬場(不良)なのでうまく前へ行ければと思っていましたが、その通り前へ行けて余裕を持ってレースができました。一団の競馬でしたが外を通って落ち着いてレースをしてくれました。外からマクって(一気に追い上げて)くる馬もいるだろうしタイミングに気を使いながら追い出しました。
 デビュー当初はスタートの出が甘かった馬ですが、馬がしっかりしてくるにつれてだんだんスタートも出るようになって前ほど気を使わなくなりました。最後の直線では終いは伸びるのはわかっていたので、これで差されたらしょうがないと思って追いました。
 ここへ来て中身が入って筋肉が付いてきた感じです。2歳馬ですからこれからまだまだ良くなるでしょうし楽しみです。距離が伸びても大丈夫でしょう。
僕自身もこのレースとは相性が良く、勝てて嬉しいですね。

河野通文調教師
「レースについては騎手に任せていました。1〜2コーナーでイケルかという感じでしたね。先週、田中勝春騎手に調教で乗ってもらって「2回りぐらい大きくなってシンが入った」と言っていましたから着実に成長していますね。今後についてはまだ白紙です。」


阪神・阪神C(G2)優勝
キンシャサノキセキ

XYZ
「期待は大きかったですが、G2というよりG1.5とも言える
メンバー構成の中、危なげなく押し切ってくれました。
ランキングが20位台とやや不振だった頃に落札して
現在の礎を築いてくれた思い入れのある一頭です。
明けて8歳となりますが、まだまだ元気なのは嬉しい限りで
引退まで無事に走って欲しいものです。
余談ですが、高齢ボーナスのことをすっかり忘れていて
それは嬉しい誤算でした(苦笑)」

スミヨン騎手
「ゲートを心配しましたが、うまく出てくれました。2回目の騎乗で、この馬については分かっていました。今日は非の打ちどころのないレースをしてくれました。GIIならば勝てる力はあると信じて乗りました。折り合いを欠く可能性があったので、前に馬を置いてレースを進めました。そうやって脚をタメた分、最後は弾けてくれましたね」
 


小倉・愛知杯(G3)優勝
セラフィックロンプ

(株)九段駿馬会
 「
まずはテイエムオーロラ号のご冥福をお祈り申し上げます。
エリザベス女王杯では並ぶ間もなく勝負を決められてしまいましたが、競り合いになったときのこの馬のしぶとさには頭がさがるばかりです。来年も
現役とのことですが、これからも無事に走れることを祈っています。
」 

宮崎北斗騎手
「前回勝ったときは運に恵まれましたが、今日は勝ちに行ってのレースで勝てて嬉しい。理想通りの展開で、馬に無理をさせずにレースができました。直線で内からブロードストリートが来たときに『やはり来たか』と思いました。最後は必死でしたが、よく頑張ってくれました。この馬にはいろいろ教えられて、またひとつ思い出が増えました。6歳ですが充実していますし、人馬ともさらに頑張りたいですね」

武藤善則調教師
「これ以上ない形でレースをしてくれました。この馬にはいろいろと教えてもらい、頭が下がる思いです。まだフレッシュな体をしているし、来年も現役を続ける予定です」


中山・朝日杯フューチュリティステークス(G1)優勝
グランプリボス
江南太湖馬軍団
京王杯を勝った後も順調に調整できたし、更に調子が上がっているので、
好勝負するとは思っていましたが、流石にサダムパテックに勝てるという
自信はありませんでした。東京の1400で頑張れたので、中山1600は
大丈夫だと思っていました。展開にも恵まれましたが、末脚は確実だし
完成度の高い馬だと思います。
 自分自身平地G気魯妊ープスカイのダービー
以来ということで非常に嬉しいです。来年のNHKマイルカップまで順調に
行ってほしいと思います」

M.デムーロ騎手
「馬場に出たときにいい手応えでしたし、マイルでもこなしてくれると思っていました。スタートが速い馬なので、外枠でも大丈夫と思っていましたが、道中の位置取りは思ったよりも後ろでした。ただ、ハイペースでしたしリラックスして走るという意味ではよかったと思います。最後は本当にいい脚でした。マイラーとして今後すばらしい馬になるでしょう」

矢作芳人調教師のコメント
「審議を待っているときは微妙かなと思いましたが、何があっても競馬だと思って無心で待っていられました。その分、泣き損ねましたが(笑)。手応えはあると見えましたし、あとは直線で前があくかだけが心配でしたがよかったです。挑戦者のつもりでいましたけど、内心燃えるものはありました。割と早い時期から完成されていましたし、折り合いも最終追い切りで完璧につきましたし、心配していませんでした。あとはミルコ(デムーロ騎手)に任せるだけでした。今のまま無事に行ってくれればと思います。自分の適性外の距離では戦わせたくないですし、あくまでもNHKマイルCを今後は最大目標にしていくつもりです」
 
  
 
| 主催者 | 第23回ポイントランキング | 17:47 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ