2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦 破顔一笑シリーズ 5・29 | main | ポイントランキング 6・1 >>
ポイントランキング 5・29
   【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★門別・ケンタウルス特別
リスキープラン号(デザートカントリーRC 5月26日扱い)
500万下クラス→(賞金500万×0.8=400万円、獲得ポイント=2ポイント)

★大井・フォーチュネイトカーネーション特別
グレートマーシャル号(
R×Bレーシング
 5月26日扱い)

未勝利クラス→(賞金300万×0.8=240万円、獲得ポイント=1ポイント)

今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング5月29日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
京都・金鯱賞(G2)優勝
ルーラーシップ うまぬし:星屑環境計画

福永騎手
「調教で乗った時には少し掛かって行くような印象もあったのですが、芝での返し馬の走りは良かったので、いけると思いました。ただ、ゲートで待たされている間に駐立が悪くなってしまって、一番悪い体勢の時にゲートが開いてしまいました。跳び上がるような形でゲートを出て、そこで右の鐙が外れてしまうくらいでしたが、落ちなくて良かったです。その中でもこれだけ強い勝ち方でしたし、力を見せられたと思います。いいスタートが切れればもっと強い競馬が出来ると思いますし、次も楽しみです」


東京・目黒記念(G2)優勝
キングトップガン うまぬし:池田豊治

横山典騎手
「馬場も悪いですし、斤量は51キロ、返し馬の感じなども踏まえて前々での競馬を考えました。51キロは楽ですね。乗っていて、馬の加速が全然違いました。元々力はあった馬ですが、体質が弱くて骨折したりしていましたが、最近は馬もしっかりしてきたようです」


東京・日本ダービー(G1)優勝
オルフェーヴル うまぬし:ハレルヤ牧場

池添謙一騎手
「オルフェーヴルにとっては一生に一度のクラシックの舞台ですし、また1番人気にも推されていたので緊張しました。道中はリズムよく走ることができましたし、直線では窮屈になる場面もありましたが、持ち前の勝負根性で抜け出してくれました。ダービーの重みを感じていましたし、この馬でとりたいと思っていました。このまま秋も順調にいって欲しいですね」
| 主催者 | 第24回ポイントランキング | 23:51 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ