2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< ポイントランキング 6・1 | main | 団体戦 破顔一笑シリーズ 6・5 >>
ポイントランキング 6・5
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
 特にナシ



今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング6月5日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
東京・ユニコーンステークス(G3)優勝
アイアムアクトレス うまぬし:フジノファーム

フジノファーム
「ダートは3連勝中で期待はしていたものの距離延長と初遠征のダブルの不安があったので、それを屈服してくれたのは大きい。後は、どこまで距離が持つかだけど、できれば交流選にも出てくれると嬉しいな。これで、姉ちゃんみたいに芝までこなせる様になると言うことないんだけど」

秋山真一郎騎手
「いつもよりテンションが高く、スタートは気をつけましたが、うまく出てくれました。最後も抜かされそうな感じはありませんでした。これから無事に行ってくれれば楽しみです」

長浜博之調教師
「中1週で過酷なローテーションのなか、よく走ってくれました。1400mまでなら相手が強くなってもやれると思っていましたが、1600mでここまでのレースをしてくれて嬉しいです。この後は交流重賞も含めて考えます。距離についてはまだわかりませんが、とにかく東京ダート1600mをこなしてくれたのは大きいですね」


東京・ 安田記念(G1)優勝
リアルインパクト うまぬし:新世紀サンライズHC

新世紀サンライズHC
「前走のNHKマイルの内容からも、4キロ減の恩恵はちょっと魅力。それでも、3歳馬の活躍は少なかった為、正直自信はありませんでした。しかし、まさかの強い勝ち方にビックリ。戸崎騎手も上手く乗ってくれたと思います。秋も頑張ってほしいですね」

戸崎騎手
「いつもTVで見ている舞台で勝つことが出来て嬉しいし、感激しています。地方の騎手の私が乗せてもらえることはありがたいし、ファンの皆様の声援のお陰です。スタートもうまく出て、道中もうまく息を入れて走ってくれました。54キロだったので前めにつけて行こうと思っていました。馬もリズム良く走ってくれました。直線、先頭に立ってから長かったですが、よく辛抱してくれました」
| 主催者 | 第24回ポイントランキング | 15:43 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ