2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦2012前期「温故知新シリーズ」5.13 | main | ウインズうまぬし 5・20 >>
ポイントランキング 5・13
今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング5月13日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
京都・京都ハイジャンプ(J-G2)優勝
エムエスワールド うまぬし:Ruffian H&S LLC
横山義行騎手
「今日は急遽の代打で結果を出すことができました。この馬は折り合いが課題と聞いていましたが、テイエムハリアーが行ってくれたのでリズムよくレースを運ぶことができました。飛越も上手でしたよ」


東京・京王杯SC(G2)優勝
サダムパテック うまぬし:I.C.スタッド
西園正都調教師
「このところ人気になって負けていたので、強いサダムパテックをお見せできてよかったです。これで胸を張って安田記念に向かうことができます。前回の負け方が腑に落ちなかったので放牧に出しましたが、リフレッシュして背も少し伸びたようで本当によかったです。道中はいつもより後ろのポジションだったので少しハラハラしましたが、最後ははかったように差してくれました。本番もウィリアムズ騎手にオファーを出すつもりです」


東京・ヴィクトリアM(G1)優勝
ホエールキャプチャ うまぬし: I.C.スタッド
横山典騎手
「勝てて嬉しかったです。馬の出来がないと勝てないのですが、馬もすごく良かった。思った通りの競馬が出来ました。新馬の時は跳ね上がってゲートを出ていたが、今日はいいスタートでした。位置取りは自分で狙って取りに行き、折り合えました。ペースは上がらないと思ったので、ある程度前にいないとと思っていました。考えた通りにいきました。前が空いても1頭にならないよう、じっくり待って追い出しました」

田中清隆調教師
「今の馬場では後ろから行ったのでは届かないと思っていましたが、今日はスタートも良く、いいリズムで走っていました。これなら弾けるだろうと思って見ていました。力はある馬なので、いつかはGIを取れるだろうと思っていましたが、実際に初めてGIを制して、やはり嬉しい気持ちです。今後はオーナーと相談して決めます」
| 主催者 | 第26回ポイントランキング | 06:32 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ