2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< ぬしP! 外チャレをパクろう!結果発表 | main | ウインズうまぬし 6・3 >>
ポイントランキング 5・27
★園田・由良川特別
タイキガラハッド号(DEALING (S) PTE LTD 5月27日扱い)
500万下クラス→(賞金500万×0.8=400万円、獲得ポイント=2ポイント)

今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング5月27日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
東京日本ダービー(G1) 
ディープブリランテ うまぬし:ゼノアファーム
岩田康誠騎手
「自分のことよりも馬をまず褒めてあげたいです。最後は脚が上がっていましたが、ゴールまでよく耐えてくれたと思います。矢作調教師もスタッフもこの馬がいちばん強いと思っていたし、僕自身もそう思っていましたので、何とか結果を出せて、この馬とひとつになれた気がします。レースでは馬場状態を考えてレースを進めましたが。2400mはもたないという人もいましたが、これで距離も大丈夫と証明できましたし、本当に馬を褒めてやってください。まだこの馬としては第一歩を踏み出したところ。この世代でいちばん強いとずっと思っていたので、それをまずダービーで証明したということでしょう」


東京目黒記念(G2) 
スマートロビン うまぬし:(株)井上ファーム
(株)井上ファーム
「期待馬がようやく1つ重賞タイトルを取ってくれた。3歳時は出遅れ癖、今年春より前は太め残りで掲示板拾い。ただ、この時の無駄肉が今使いつつ筋肉になったようで、松田国厩舎らしい。レースは前走と同じ競馬、早め先頭押し切り、ハンデ戦も定量ともいえる57で勝ったのは収穫。宝塚記念ちょっと短いけど行って欲しいが馬主が馬主だけに。凱旋門とか海外が合う脚質だけど登録無いし、それもないかな。じっくり行くでしょう」

蛯名正義騎手
「結構いい流れでした。この馬にはこういう流れの方がいいのかもしれません」

松田国英調教師
「母の父がリファールで、骨格の長い馬。そこに筋肉がついたことで、その骨格を生かせるようになりました。長い距離では安定していますし、いい状態で宝塚記念に向かいたいと思います」

| 主催者 | 第26回ポイントランキング | 23:06 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ