2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦2012前期「温故知新シリーズ」6.3 | main | ウインズうまぬし >>
ポイントランキング 6・3
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★浦和・さきたま杯(G2)5月30日
.札ぅリムズン 鳴尾牧場 2480万円 40P
トウショウカズン  フジノファーム  496万円 7P
ゥ后璽法XYZ 124万円 1P


今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング6月3日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
浦和・さきたま杯(G2)優勝
セイクリムズン うまぬし:鳴尾牧場
岩田騎手
「馬は良い状態を保っていました。自然とハナに行く形になりましたが、強かったと思います。JBCに良い形で向かっていってくれると思います」

服部調教師
「強かったですね。主に1400メートルのレースを使っていますが、距離の幅を広げるため今は攻めを強化しているところです。それで馬がパワーアップしているのは感じていました。この後夏は休養させて、秋は東京盃からJBCスプリントに向かう予定です」


阪神鳴尾記念(G3)優勝
トゥザグローリー うまぬし:ガルシアワークス
福永祐一騎手
「今日は2番手からのレースをしようと思っていました。以前は折り合いに難しい面がありましたが、今はまったくかかることなく、上手にレースができるようになりました。楽なペースでレースを運んで、4コーナー手前からスピードアップ。もう後ろからは届かないだろうというところから、2着馬がすごい脚で来たので最後まで気が抜けませんでした。この後は苦手な暑さをしっかり乗り切って、いい形で宝塚記念に駒を進めたいですね」


東京安田記念(G1)優勝
ストロングリターン うまぬし:ハレルヤ牧場
福永騎手
「GIでずっと有力馬に乗せて頂いていたのに結果を出せなかったのですが、やっと結果を出すことが出来ました。前回はうまく乗れなくて、今回は結果を出さなくてはと思っていましたし、すごく上手にレースをしてくれました。スタートがそんなにいいという馬ではないのですが、今日はスタートも良く、うまく流れに乗って行けました。道中はリラックスしていて、追えば絶対伸びるだろうという感じでした。直線に向いてからもサダムパテックの後ろからうまく外へ出せましたし、先頭に立ってからは少し気を抜くところがあるので、馬のリズムを守って走ることを心掛けました。去年2着になったように力はある馬ですし、調子の良さを結果に繋げられて嬉しいです」


東京ユニコーンS(G3)優勝
ストローハット うまぬし:モンタナRC
福永騎手
「前半、前に行った馬がかなり飛ばしていたので、直線で捌くところを間違えなければいい、と思っていました。上手に走っていたし、少し気難しい面はありますが、ダートの適性はかなり高いと思います。今後が楽しみです」
| 主催者 | 第26回ポイントランキング | 22:08 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ