2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦2012後期「開運招福シリーズ」11.18 | main | ウインズうまぬし 11・25 >>
ポイントランキング11・18
今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング11月18日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
★東京・東京スポーツ杯2歳S(G3)優勝
コディーノ うまぬし:
(株)Fortune
横山典騎手
「強いです。進路を探すのは大変でしたが、抜け出す時は瞬間移動したようでした。道中は引っ張りきりでしたが、少しでも前が空けば大丈夫だと思っていました。東京は初めてなので、早めに先頭に立つ競馬よりも、じっくりと行けて良かったです。重賞ですからメンバーが揃っているのは分かっていましたが、余力一杯でした。見せムチを使う程度で、素直な馬ですし、他の馬は気になりませんでした。夏に比べても大分しっかりしてきました。今朝も馬(コディーノ)に乗ったこともいい結果に繋がりました。朝、早起きして良かったです。まだまだ若いですし、可能性は無限大です。無事に行って、来年のクラシックを盛り上げたいです」


★福島・福島記念(G3)優勝
ダイワファルコン うまぬし:
DEALING (S) PTE LTD
川須栄彦騎手
「前の馬を見る形で、揉まれずに3番手くらいでレースをして欲しいと言われていましたが、その通りのレースができました。北村宏司騎手から馬のクセを聞いていましたし、馬の気分を損ねないように乗れば、力は抜けていると思っていました。前の馬が早くバテたので、早めに先頭に立つ形になりました。最後までしっかりと走ってくれました」


★京都・マイルCS(G1)優勝
サダムパテック うまぬし:
I.C.スタッド
I.C.スタッド
大きなレースを勝つ時というのは、いろいろなことが上手く行くもので、展開やら馬場やら、バッチリ嵌りましたね。もちろん、仕上げた陣営も、馬の特徴を掴んでいた鞍上も素晴らしかった。香港も目指してほしい気持ちもありますが、間隔を取ったほうがいいタイプだけに、来年に備えた方が良いかな」

武豊騎手
「お久しぶりです(笑)。約2年、GIで結果が出ず、なかなかこのようにインタビューを受けることはありませんでしたが、こういう場に立てて、誰よりも自分が一番喜んでいます。みなさんが応援してくれていたので、早く結果で応えたいと思っていました。勝ててよかったです。馬の状態がすごくよかったですし、1番枠だったので今日のようなレースがしたいと思っていました。ある程度、内を狙おうというのも決めていました。しっかり走ってくれていたので、直線半ばで勝てるのではないかと思いました。いい馬に声をかけてもらい、何とか結果を出したいと思っていました。これを機に、もっと精進して、もっと勝てるようにがんばります」
| 主催者 | 第27回ポイントランキング | 22:16 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ