2019年後半、第41回大会がスタート。前大会はRuffian H&S LLCが大差圧勝。2度目の優勝で、殿堂入りとなりました。新たな目標を目指す41回大会は2019年の有馬記念当日まで続きます。
<< 2013年度歴代テーマソング | main | ウインズうまぬし 4・7 >>
ポイントランキング 4.7
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★大井・アーバンステージ花見月賞B2B3選定馬特別
シナスタジア号((株)ミスプロダクション 4月1日扱い)
500万下クラス→(賞金500万×0.8=400万円、獲得ポイント=2ポイント)

★船橋・マリーンカップ(G3)4月3日
.瓠璽妊ぅ◆ 奮堯縫潺好廛蹈瀬ション 1680万円 20P
▲譽奪疋ラウディア フジノファーム 588万円 7P
スティールパス システマックス(株) 336万円 3P

今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング4月7日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
船橋・マリーンカップ(G3) 
メーデイア うまぬし:(株)ミスプロダクション
浜中俊騎手
「強かったですね。自信はありました。3番手からレースを進めて、馬の行きたいように走らせて、手応え通り直線ではよく伸びてくれました。ただ、早めに先頭に立ったので、一頭になって気を抜く所がありましたが、それだけ余力があったということです。今後、大きなタイトルが獲れるように頑張りたいと思います。僕自身も期待しています」

笹田和秀調教師
「距離が短いので、騎手がスタートに気をつけていたようでしたが、前走よりも上手くスタートが切れました。オーシャンフリートが行くかと思いましたが、内側の馬が行ったので、被せられずに内の馬を見ながら行けたのも良かったです。4コーナーで先頭に立った時には大丈夫だと思いました。まだ、キョロキョロしたり幼さがあるので、伸びしろはある馬です。芝もこなせる馬ですが、ダートの方が安心して見ていられますね。今後は、秋まで牝馬限定の交流重賞がないので、目標の秋のJBCレディスクラシックに向けて、一回は男馬との対戦をしたいと思います」


阪神阪神牝馬S(G2) 
サウンドオブハート うまぬし:フジノファーム
フジノファーム
力があるのは分かっていたけど、金杯での敗戦で少し弱気になっていたのがこれで強気になってヴィクトリアマイルに挑んでくれそう

池添騎手
「返し馬でもそれほど下を気にしていませんでした。外枠だったので前に壁を作るまでに時間はかかりましたが、うまく行きました。今週も重賞を勝って、いい流れで気持ち良く(フランスへ)行けるので、頑張ってきたいと思います」

松山康久調教師
「今まで大事に使ってきましたし、ジョッキーもうまく乗ってくれました。精神的に落ち着きが出ましたし、去年の桜花賞の頃からこの1年でよく成長しました。この後もうまくGIまで持っていきたいですね。池添騎手も(フランスから)戻って来て乗ってくれるそうですから嬉しいです」


中山・ニュージーランドT(G2) 
エーシントップ うまぬし:にんじんファーム
内田博騎手
「先頭に立つと遊ぶようなところがあるので、今日はうまく3番手で折り合って、内容のある競馬が出来ました。調教でも感触を確かめましたが、厩舎スタッフや浜中騎手のおかげでレースで我慢出来るようになったのが大きいと思います。この馬のリズムを壊さないように注意して乗りました」

西園正都調教師
「本番を見据えて、おつりが残るように仕上げてきましたが、それにしても強い内容だったと思います。ハナに拘らずに今日のような内容のある競馬が出来たのは大きいと思います。本番も内田博幸騎手に乗ってもらうつもりです」


阪神・桜花賞(G1) 
アユサン うまぬし:(株)TIME
C.デムーロ騎手
「4コーナーで仕掛けると良い動きでしたし、レッドオーヴァルが並んできたときも負けませんでした。馬の調子がすごくよかったです。ラッキーな騎乗機会を得て、結果を出せてよかったです」

手塚貴久調教師
「今日はマイナス12キロでしたが、これまで太かったもので、仕上げたらこのぐらいの体重になると思っていました。チューリップ賞後の1ヶ月ぐらいで、信じられないぐらい馬が成長しました。右の腰がよくなかったのですが、ずいぶんよくなったんです。これまでに阪神芝1600mを使っていたのもよかったですね。桜花賞はこれまでたくさん参加させてもらいましたが、悔しい思いをしてきました。いつか獲りたいと思っていたので感慨深いです。(オークスに向けて)距離は大丈夫です。東京に替わるのも良いかもしれませんね」

| 主催者 | 第28回ポイントランキング | 22:26 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ