2020年前半、第42回大会がスタート。前大会は(株)TIMEが空前のハイレベル戦を制し、優勝。新しい時代を感じさせた大会となりました。42回大会は2020年の宝塚記念当日まで続きます。
<< ウインズうまぬし 4・21 | main | 団体戦2013前期「空前絶後シリーズ」4.21 >>
ポイントランキング 4・21
今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング4月21日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
福島福島牝馬S(G3) 
オールザットジャズ うまぬし:ロックヒル・ファーム
C・デムーロ騎手
「福島で初めて乗ってGIIIを勝つことが出来、オーナーや厩舎関係者に感謝します。外から被されたので外に出せなかったのですが、手応えが良かったので、内が空いたところからうまく抜け出すことが出来ました。この馬とのコンビで3戦2勝、馬にありがとうと言いたいです」


京都マイラーズC(G2) 
グランプリボス うまぬし:江南太湖馬軍団
浜中騎手
「休み明けはテンションが高いと聞いていましたが、今日は落ち着いていました。調教からも調子の良さが窺えてましたし、しっかりと力強い走りでした。外枠なので外を回らされないようにだけ気をつけましたが、GIを勝っている馬だけに底力がモノをいったと思います。いいステップで本番に行けますね」

矢作芳人調教師
「期待通りの結果でした。休み明けがダメと決めつけるのは良くないと思っていましたし、目標は先ですから100の仕上げではありませんが、いい感じに仕上がっていました。去年は肝心なところで取りこぼしてしまいましたが、この馬が一番強いと思っていますし、今年は全部勝つつもりで行きます。目標は安田記念を勝つことで、そのために京王杯SCを使った方がいいのか、パスした方がいいのか、1週間ほど様子を見て考えます」


東京フローラS(G2) 
デニムアンドルビー うまぬし:ノノティックRC
内田博騎手
「スタートは2000mだし、この馬の競馬をしようと思って行きました。馬場が重いので、馬群から離れないように、なるべく馬に負担を掛けないように乗りました。前回もものすごい脚を使っていますし、馬場は少し心配でしたが、この馬の力を出せば勝てると思っていました。切れ味も力もあって、折り合いもつきますし、ゴーサインを出せばスムースに行きますし、我慢して欲しいところは息が入りますし、賢い女の子だと思います。2000mも走りましたし、末脚もありますし、本番でも十分やれると思いますし、自信を持って行きます」

| 主催者 | 第28回ポイントランキング | 23:31 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ