2020年前半、第42回大会がスタート。前大会は(株)TIMEが空前のハイレベル戦を制し、優勝。新しい時代を感じさせた大会となりました。42回大会は2020年の宝塚記念当日まで続きます。
<< ぬしP!2012−13 déjà-vu 結果発表 | main | 団体戦2013前期「空前絶後シリーズ」5.26 >>
ポイントランキング 5・26
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★笠松・若鮎賞3歳2特選
アサケゴマ号(エプソムダウンズSR 5月23日扱い)
3歳未勝利クラス→(賞金300万×0.8=240万円、獲得ポイント=1ポイント)


今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング5月26日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
京都京都ハイジャンプ(J-G2) 
テイエムハリアー うまぬし:(株)ラインデータ14
(株)ラインデータ14
「落馬するか勝つかなので、最後の最後までヒヤヒヤしながら見ていました。このまま中山コースには目もくれずに勝ち進んでいってほしいです」

熊沢重文騎手
「今日はスタートがよくなくて、どうかと思いましたが、2〜3完歩目からスピードに乗っていきました。行きたがっていたわけではなく、自然とスピードに乗っていきました。以前よりも大人になって集中して走っています。問題のある飛越はありませんでしたし、飛越するごとにリードをとれたので楽にレースができました」


東京東京優駿(G1) 
キズナ うまぬし:(株)ラインデータ14
(株)ラインデータ14
「成長曲線が春になって急激に上がっていると感じていたので、勝つ可能性は高いと思っていましたが、想像を超える勝ちっぷりに本当に久々にレースで感動しました。この後は凱旋門賞を目標に調整していくとのこと。是非、行って欲しい」

武豊騎手)
「素晴らしい馬です。ダービーは5回目の制覇ですが、何度勝っても嬉しいです。この馬の良さは分かっていたので、それを生かして乗り、馬が脚を使えるようにしてあげるだけでした。ゴーサインを出した時は、彼の走りでしたし、これで届かなかったら仕方がないと思っていました。(ディープインパクトの仔でダービーを勝てたことは)格別です。そして、まずダービーが大目標でしたし、我々キズナに関係するホースマンの夢を叶えてくれました。今後は、彼を世界癸韻稜呂砲気擦討△欧燭い任后


東京目黒記念(G2) 
ムスカテール うまぬし:XYZ
内田博騎手
「強かったですね。今までにない脚を使ってくれました。自分から動く形を考えていましたが、動けなかったので我慢していたらうまく前が空いてくれて、グングン伸びてくれました」
| 主催者 | 第28回ポイントランキング | 23:00 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ