2020年前半、第42回大会がスタート。前大会は(株)TIMEが空前のハイレベル戦を制し、優勝。新しい時代を感じさせた大会となりました。42回大会は2020年の宝塚記念当日まで続きます。
<< ブックメーカー | main | 団体戦2013後期「三日坊主シリーズ」8.4 >>
ポイントランキング 8・4
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】
★川崎・ルビーフラワー賞
メイラード号((有)AAPカンパニー 7月29日扱い)
3歳未勝利クラス→(賞金300万×0.8=240万円、獲得ポイント=1ポイント)



今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング8月4日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
新潟・レパードS(G3) 
インカンテーション うまぬし:アカネレーシング
大野騎手
「強かったです。最後はカメラマンに物見をしていました。スタートが決まって、3番手は一番欲しかったポジションでした。ただ、前半は掛かるくらいでなだめるのに必死でした。直線では、手前を替えてからは十分の手応えでした。この馬の持ち味を生かせましたし、最後は余裕でした」


小倉・小倉記念(G3) 
メイショウナルト うまぬし:(株)ラインデータ14
(株)ラインデータ14
「1600万下で負けたことで軽ハンデになったのが良かった。この馬は、ここまで来る途中いろいろあったが、一番良い時に手に入れられた幸運を喜びたいと思います」

「武豊騎手)
「狙っていたレース、嬉しかったですね。馬もいい状態でした。仕掛けが早かったとも思いましたが、思い切って勝負を賭けました。でもスレスレのタイミングでした。一歩間違えたら行き場がありませんでした。いいタイミングでしたね」

武田博調教師
「前々走の阪神で武豊騎手が乗って勝った時、武豊騎手が"小倉記念あたりは面白いかもしれません"と言ってくれたのが、ここを目指したキッカケなのです。馬がそこまで変わるかと思うくらい変わって、しかも除外になることなく出走出来て、ツキがありました。また枠順も良かったと思います」
| 主催者 | 第29回ポイントランキング | 23:16 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ