2020年前半、第42回大会がスタート。前大会は(株)TIMEが空前のハイレベル戦を制し、優勝。新しい時代を感じさせた大会となりました。42回大会は2020年の宝塚記念当日まで続きます。
<< 団体戦2013後期「三日坊主シリーズ」9.17 | main | 団体戦2013後期「三日坊主シリーズ」9.22 >>
ポイントランキング 9・22



今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング9月22日バージョン更新です。


【重賞勝利うまぬしインタビュー】
中山・オールカマー(G2) 
ヴェルデグリーン うまぬし:星屑環境計画
田辺裕信騎手
「思い入れのある馬ですし、思わずガッツポーズが出ました。ツメの不安がある馬なので、馬のリズムを守って行こうと思っていました。3〜4コーナーで自分からハミをとって行ったときには『これならいける』と思いました。行きたがる気性なので、距離が延びて折り合いがどうかと思いましたが、この秋の楽しみが増えました」


阪神・神戸新聞杯(G2) 
エピファネイア うまぬし:モンタナRC
福永祐一騎手
「めちゃめちゃ嬉しいです。やっと乗りこなすことができました。牧場や厩舎スタッフが張るの敗戦を踏まえて、最大限の努力をしている姿を見ているので、その思いに応えたいと思っていました。スタートはゆっくり出さずに普通に出して、その上で折り合いをつけようと考えていました。外目のいつでも動ける位置で、リラックスして走らせることができました。コミュニケーションもしっかりとれていました。勝ったことよりも、しっかり折り合えたことが嬉しいです。次はどのレースに向かうかわかりませんが、依頼を受けたらベストを尽くしたいです」
| 主催者 | 第29回ポイントランキング | 23:26 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ