2019年後半、第41回大会がスタート。前大会はRuffian H&S LLCが大差圧勝。2度目の優勝で、殿堂入りとなりました。新たな目標を目指す41回大会は2019年の有馬記念当日まで続きます。
<< 12月4週 レース結果 | main | 17回ポイントランキング 最終結果 >>
団体戦2007「風林火山」シリーズ 12・23最終戦
ついに終了。
今大会はトップの山椒こそ早々と大量リードを奪いましたが、2〜3位は常に接戦。
4位リングも最後の最後、中山大障害の1,2フィニッシュの勢いをそのままにチケット圏内突入が見えるところまで迫るなど、見所ある団体戦だったのではないでしょうか。

では最終結果です。

まず今週の各チームの獲得ポイントから。

 火事場の馬鹿力 364
 リング 200
 山椒 162
 風車鞭 103




火事場の馬鹿力、まさに火事場の馬鹿力。リングも意地を見せました。


ハンデ関係なく各チームの獲得合計ポイントだけ見てみましょう。

 山椒 3261
 火事場の馬鹿力 2782
 風車鞭 2644
 リング 2212


今週は中山大障害で複勝投票ポイント、有馬記念で単勝投票ポイントが行われました。
リング 27.0(合計164.5)
火事場の馬鹿力 0.0(合計34.2)
山椒 52.3(合計232.5)
風車鞭 0.0(合計43.9)

山椒、ここでも圧勝!

ハンデ込みの総合順位です。
【1位】山椒 1274.8ハート
【2位】火事場の馬鹿力 708.0(566.8差)
【3位】風車鞭 594.3(113.7差)
【ドベ】リング 312.6(281.7差)雷



最後まで波乱無く山椒の優勝。
チームの得点力もさることながら、複勝ポイントでも他を寄せ付けずに優勝しており、これはチームの勝利といって差し支えないでしょう。
 2位に突っ込んできた火事場の馬鹿力。大差をつけられていた山椒に届かないのは仕方ないにせよ、100点差をつけられていた相手に100点差で勝ったわけですから、名は体をあらわすと言ったところでしょうか。これは素直に称えるべきでしょう。
 3位は風車鞭。仮想敵を2位火事場の馬鹿力に絞れば、単勝投票によってリードを維持できた可能性もあり、そこは残念だったと言えるかもしれません。
 ドベはリング。チーム全体の流れの悪さを最終週に来るまで払拭できず。最後、中山大障害から有馬記念への作戦の立て方、実行へのまとまりは、他チームの背筋を凍らせたことでしょう。結果は残念でしたが、最もまとまりよくチーム戦を楽しんだのはこのチームかもしれません。

【団体戦チケット申請について】
・申請はよろず申請所にて既に受付けています。
 締め切りは1ヵ月後(1月23日22:00)としますので、必ずそれまでにお願いします。
・優勝チームの山椒メンバーは、申請する必要はありません。
 火事場の馬鹿力はチケット2種類、風車鞭はチケット1枚をそれぞれ申請してください。
・申請と同時にすぐに使うことが出来ます。使用期限は第18回ポイントランキング期間内(宝塚記念当日22:00)です。
| 主催者 | 団体戦 2007後期 | 17:55 | comments(0) | - |









うまぬしくん

/ ページ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ