2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦2007「風林火山」シリーズ 12・23最終戦 | main | 2008前期団体戦 出場者発表 >>
17回ポイントランキング 最終結果
12月23日・最終順位バージョン更新です。
なお、有料・無料ブックメーカーの賞金は加算されていません。
(後日、正式な賞金判明後、12月23日22時扱いで入金します。)


 優勝は(有)AAPカンパニー
あまり”悲願の”という感じはせず、ひょうひょうと初優勝を拾いあげました。と思ったら、実は”悲願”であり、内には熱い熱い想いがあったようですw
優勝の一番の功労者であるダイワスカーレットは海外遠征の話もあり、連続優勝に向けて楽しみは多いところでしょう。
 2位はハレルヤ牧場。今大会はうまくいかないことも多かったようですが、地力の差で2位を確保。ただ、自他共に認める優勝候補No.1、今回の150P差には思うところもあるでしょう。
 3位はガルシアワークス(株)タアファイトが仲良く揃って並びました。共にVIP上位は当然ですが、優勝するには後もう一押しが足りなかった模様。そのもう一押しをどこで補うか、でしょう。なお、非公式ながらガルシアワークスはうまぬしとしての方向転換を示唆しており、実際に持ち馬をセールで売却し始めています。この動きは、ブックメーカーで順位を予想する全うまぬしを悩ますことになりそう。
 5位RMアセットマネイジメント、6位銀河オーナーズは本来なら優勝を争うべき古豪。今回の大会は「昔の名前」で辛くもVIP入りした印象が強く、次回のポイントランキングでもVIPに残れるのか、人によって意見が分かれるところでしょう。特にエースの引退が決まった銀河オーナーズには奮起を促したいところ。
 7位は先週17位から有馬記念の大金星で7位に食い込んだマクガイ事務所。見事VIP入りを果たしました。もちろん有馬記念1個勝っただけで7位にまで来れるわけも無く、総合力の賜物であることは言うまでも無いでしょう。今後のマツリダゴッホ次第では、更に上位を狙えそうです。
 7位のマクガイ事務所からライジングHCI.C.スタッド(株)ラインデータ14と10位まで、前回VIP外のうまぬしさんたちが揃ってランクイン。1〜6位の最上位陣に対して、フレッシュな顔ぶれが揃いました。
 とは言っても5位RMアセットマネイジメントから10位(株)ラインデータ14まではたったの32ポイント差。その間に6人ものうまぬしがひしめき合ってるわけで、実力差の小さい、下克上上等の戦国時代が到来してると言えるでしょう。面白くなってきました。


それでは、また次回第18回ポイントランキングをお楽しみに。
| 主催者 | 第17回ポイントランキング | 20:27 | comments(0) | - |









うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ