2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦「春夏秋冬」シリーズ 4・20 | main | 27日の海外G1 >>
ポイントランキング 4・20
4月20日バージョン更新です。

 良血2歳馬に大金を投じ続けてきた銀河オーナーズ。過去の実績からは考えにくい順位に甘んじていましたが、投資がようやく実を結び、しっかり回収。牡馬クラシック第一弾の皐月賞を堂々制し、順位を12位から5位に上げてきました。2冠をも制する事になった時、優勝の2文字が見えてきます。
 そして、前回の覇者がJ−G1の勲章を引っさげてとうとう優勝争いのど真ん中に入ってきました。横綱を怪我で欠くことになった大きな痛手を、全体の質の高さでなんとかカバーしたいところ。 (有)AAPカンパニーの出方が注目されます。

1 VIP (株)タアファイト 461 43466
2 VIP・殿堂 RMアセットマネイジメント 443 10722
3 VIP・殿堂 ハレルヤ牧場 440 76403
3 VIP (有)AAPカンパニー 440 61266

今のところ、上記4名に
5 VIP 銀河オーナーズ 331 22523

までが優勝候補といったところか。
| 主催者 | 第18回ポイントランキング | 22:34 | comments(0) | - |









うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

このページの先頭へ