2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦「喜怒哀楽」シリーズ 11・2 | main | 登録抹消者のお知らせ >>
ポイントランキング 11・2
※北海道2歳優駿の結果をすっかり反映し忘れ!!
 ランキング表の方は木曜まで修正できないので、

1着 メトロノース (株)ミスプロダクション 1600万 20ポイント
4着 フリソ 銀河オーナーズ 160万円 1ポイント


が加わるとお考えください。
申し訳ありません。


今週の地方交流競走結果

★名古屋チャレンジカップケレス賞 マルブツグローリア号
(システマックス(株) 10月30日扱い)
500万下→(賞金500万×0.8=400万円、獲得ポイント=2ポイント)

今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング11月2日バージョン更新です。


 天皇賞を制し、府中での強さを再認識させたウオッカロックヒル・ファームを3位にまで押し上げました。某所で冗談めかして優勝を口にしたロックヒルですが、本来の実力を取り戻した今、あながち冗談とも聞こえない状況。ウオッカと同じ路線の有力馬で皮算用していたうまぬしにとっては脅威でしょう。
 G2スワンSはマイネルレーニアが勝ち、新世紀サンライズHCも300ポイントの大台に乗っけてきました。マイル路線に絶対的な実力馬が見当たらない今、前哨戦を快勝した本馬を擁する新世紀サンライズHCには大きなチャンスが巡って来たといってもいいでしょう。まずはVIPを確定させて、さらにもう1つ大きなところを狙えるか。

※更新日程の関係上、地方交流JBCクラシック・スプリントの反映は来週になりますが、それぞれのレースを制した(株)ディーリングRMアセットマネイジメントの順位は跳ね上がり、特に(株)ディーリングはおそらく現時点で首位に立っていると思われます。ますます上位拮抗。面白くなってきました。
| 主催者 | 第19回ポイントランキング | 16:18 | comments(0) | - |









うまぬしくん

/ ページ

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ