2019年後半、第41回大会がスタート。前大会はRuffian H&S LLCが大差圧勝。2度目の優勝で、殿堂入りとなりました。新たな目標を目指す41回大会は2019年の有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦「悪逆非道」シリーズ 10・4 | main | ポイントランキング 〜10・11 >>
ポイントランキング 〜10・4
【今週の地方交流競走/海外重賞レース】

★大井・第43回 東京盃(G2)9月30日
.丱鵐屐璽─璽襦DEALING (S) PTE LTD 2800万円 40P
▲后璽法。悖截據。坑牽伊円 13P
ヴァンクルタテヤマ (株)ミスプロダクション 560万円 7P

今週のレース結果は『出走馬システム』で!
ポイントランキング10月4日バージョン更新です。



 シリウスSで初重賞と共に兄弟対決を制したワンダーアキュート。またもや3歳ダート界に新星登場です。ただ、実力があっても、賞金が無ければ何も出来ないのが、昨今のダート事情。VIP復帰を狙うフジノファームにとって、陣営のレース選択が非常に気になるところでしょう。

 スプリンターズSで春秋連覇。気付いてみたら実績NO.1スプリント王になっていたローレルゲレイロ。常勝タイプでは無いものの、先行逃げを得意とする本馬にとっては、敗北も次の勝利への布石といえそう。勝っても負けても常にマークが必要な実力馬と言えます。なお、この勝利でCLUBユースケは8位にランクアップ。ここからどこまでVIP圏内に粘れるか、注目です。

 現時点で1〜7位までが現役VIP。2〜3年前とはメンバーも様変わりしましたが、決してまぐれではなく、現時点の実力最上位はこのメンバーであると言って良いでしょう。ゲームを面白くするためにも、過去のVIPメンバーの奮起を期待したいところ。

★今週のコメント
バンブーエール 東京盃G2(1着) DEALING (S) PTE LTD
「スタートはもう一つも二の脚で先団に、4角で取りついた時は勝てる手応えでした。まずは快勝でしたね。その後、屈腱炎発症にてJBCに行けなくなったのは残念です。」

ワンダーアキュート シリウスS G2(1着)フジノファーム
「前走の走りから兄同様力があるのは分かっていましたが、気性的に心配な面があったので、この連勝は素直に嬉しいです。これで、地方重賞の優先順位も上がったし、JCDも視野に入れることにもなりそうで先々が楽しみです。」
| 主催者 | 第21回ポイントランキング | 23:12 | comments(0) | - |









うまぬしくん

/ ページ

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

このページの先頭へ