2020年後期、第43回大会がスタート。前42回大会は(株)TIMEが41回大会に続き優勝。王者の風格を感じさせた大会となりました。新時代に入った43回大会は有馬記念当日まで続きます。
<< 団体戦「奇奇怪怪」シリーズ 6・13 | main | うまぬし三国志 対戦ルール共通イベント >>
うまぬし三国志 対戦ルール ‐浙眦
既出のルールもありますが、それ含めて。

★チーム分け
・参加者はスタート時点ではどこの国にも所属していない、在野の一兵卒とする
・新馬戦、未勝利戦で初勝利をあげた順番に魏→呉→蜀→魏・・・の順に召抱えられていくこととなる
※ゲーム内のイベントによっては、この順番が変わる可能性があります
・各国最大12名までとする
(参加人数は36名となったため、基本的には全員が必ずどこかの国に配備されることとなる)
・所属国決めは年内で締め切りとし、複数名、年内に勝ち星を挙げられなかった場合は、総賞金順で振り分ける
・賞金同額の場合は、出走回数→最高着順→チームからの指名の順でチーム分けする

★賞金
賞金は個人賞については日本ダービー当日の22時扱いでの振込みとし、
天下統一戦については、「各国の代表者からの郵便による申請」を受理した後の22時に、それぞれ振り込むこととする。

【個人賞】
優秀な武将(プレイヤー)には、チーム賞金とは別に褒美が与えられる
個人優勝 : 5000万円
個人2位 : 3000万円
個人3位 : 1500万円

※この成績判定は、ゲーム途中で発生するイベント等の影響を受けずに、純粋に選んだ馬の獲得金額で行います。

【三国戦】
・平均5000万円×参加人数36人と考え、総賞金18億円とする。
(なお、配布する金額は千円単位は切り捨てる。)
・金額決定方法
仝朕佑離櫂ぅ鵐塙膩廖 棔.ぅ戰鵐箸修梁召任離繊璽牾容瀬櫂ぅ鵐函,旅膩廖福畊颪料蹈櫂ぅ鵐函砲魎陲箸垢襦
各国の総ポイントが全体のポイントの何%であるかによって配分を変える

<例>
魏 5万ポイント
呉 3万ポイント
蜀 2万ポイント

でゲーム終了したとする。
この場合、

魏 全体の50%
呉 全体の30%
蜀 全体の20%

のポイントを所有したことになる。
が、最下位の国はトップの国に貢物として10%を献上することをルールとして定めますので、修正後は

魏 全体の60%
呉 全体の30%
蜀 全体の10%

ということになります。総賞金が18億円のため、

魏 10.8億円
呉 5.4億円
蜀 1.8億円

が各国の取り分となります。

なお、この賞金は各国への賞金のため、この賞金を均等に配分するのか、チーム内で上下の差をつけるのかは、各国の自由です。
※ただし、1人あたりの最高賞金額は2億円とします。
日本ダービーの翌週の日曜24時までに、代表者は主催者まで金額申請を郵便にて行ってください。
| 主催者 | ぬしP!2010 うまぬし三国志 | 14:23 | - | - |
うまぬしくん

/ ページ

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

このページの先頭へ