2016年後半、第35回大会がスタート。Ruffian H&S LLCが初優勝。誰が勝ってもおかしくない、群雄割拠の大会に。2016年の有馬記念当日まで続きます。
8.破産について
毎月1日の管理費引き落としや、水曜日の競走馬落札その他により、所有金額がマイナスになった場合には、そのうまぬしさんは「仮破産」となります。主催者はそのうまぬしの活動権利を一時的に剥奪、仮破産中には、入札、手放し、ウインズうまぬしに始まり、カジノでの当選申請に至るまで、ほとんどのうまぬし活動ができなくなります

主催者は、独断で仮破産者の持ち馬を差し押さえて、1頭ずつ「うまぬしセレクトセール」にて競売(けいばい)にかけます。(競売による売却金額の半金は手数料として主催者が貰い受けます。)そして、仮破産者の所有金額がプラスになるまで上場し続けます。
その際、上場する馬については、仮破産者には一切相談しません。
「破産」のペナルティなので、主催者から見て、高く売れると判断された馬から順に上場していきます。また、セレクトセールで売れなかった場合には、主催者が「手放す」ことによって持ち金をプラスにします。(主催者が手放した場合には手数料の半金は貰い受けません)

上記の処理によって差し押さえ馬を全部売却しても、持ち金をプラスにすることのできなかったうまぬしさんは「破産者」となります。破産をしたうまぬしさんは、主催者に申請することによって、再登録することができます。
が、その際、登録馬主名は「破産時の名前」+破産経験者を意味する「(破)」となります。
例えば、うまぬし名「うまぬしくん」が破産した場合、「うまぬしくん(破)」となります。

破産者は再登録後は持ち金8,000万円からのスタートとします。
また、破産2度目からは持ち金が1,000万円ずつ少なくなります。例えば、2度目の破産者は7,000万円からのスタートとなります。

(破)マークうまぬしは、一瞬でもランキングで10位以内に入ったとき、まっとうなうまぬしと認められ、(破)マークをとることができます。例えばポイントランキングスタート1週目においてたまたま勝ちを納め、その結果一瞬だけ10位以内に入った場合でも、(破)マークは返上することができます。

実際には破産していなくても、戦略上のミスで持ち金が少なくなって、最初からやり直したい時など、自己破産をすることもできます。ただ、その際には、なぜ自己破産したいかを主催者に報告して納得させなければなりません。主催者は連絡を受けたら、状況を判断し、自己破産しなくても継続してもやっていけると判断した場合には、申請を却下することができます。


★無理な落札による破産
破産覚悟で一か八かで入札をした場合と、破産をしないように真面目に計算して入札をした場合では、前者が有利な結果を得る可能性があるため、それを防ぐために、落札と同時に破産した場合に限り、特別に下記のようなルールを導入しています。
●落札によって破産をした場合
その週に落札した競走馬全ての所有権利を強制的に無効とし、ペナルティとして本来払うはずであった落札金の総額をそのまま没収し、即、破産者として対応する。
該当馬は入札金額次点のうまぬしさんに自動的に引き継がれ、その旨は郵便局より報告される。この引継ぎは、主催者が止むを得ないと判断する場合を除き、次点入札のうまぬしさんが望むか望まないかに関わらず実行されます。
| 主催者 | ルール | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
9.各競走馬の加齢に伴う変更確認
皆さん知ってのとおり、競走馬は誕生日ではなく、1月1日を以って1歳年をとります。(「うまぬしくん」上では12月31日22:01に1歳年齢が増えたことになります。)

★手放しの注意
12月31日22:01より、それまでの2歳馬は3歳馬になるため、それまでの2歳500万下クラスの馬は3歳以上(手放しツールでの一般古馬扱い)の500万下クラス扱いになります。その分、返金額が下がりますので、手放すのなら31日22:00までにすることをオススメします。

★入札の注意
入札最低金額は、落札時にその馬がどういうクラスにいるかで判断しますので、それまで2歳500万下クラスの馬は、1月最初の水曜日22:00の落札時には3歳500万下(一般の”500万下”)と認識され、最低入札金額は500万円になります。
| 主催者 | ルール | 15:07 | comments(1) | trackbacks(0) |
10.うまぬしさんの義務
うまぬし登録者は、主催者からメールによる連絡がとれるようなメールアドレス(フリーアドレス不可)を主催者に知らせなければなりません。そのため、メールアドレスの変更があった場合には直ちに知らせてください。
主催者側からのメールが届かない状態がしばらく続いた場合、主催者判断によって登録を抹消する可能性があります。

参加者は、毎月「うまぬしくん」への参加意思があることを秘密カジノ掲示板の参加意思確認スレッドに書き込まなければなりません。。その前に、必ずうまぬし郵便局を使用し、パスワードは添付せずに、『参加意思表明の書き込みをするパソコンで使用しているプロバイダ名』を担当者であるZIPANGさんに送付してください。
(これによって、「携帯電話」「ネットカフェ等外のパソコン」「プロキシを経由しての書き込み」など、登録プロバイダ以外からの書き込みは全て無効となります。)
これは一人で複数のうまぬしさんを演じるような「多重登録者」や他のうまぬしさんの参加意思表明を代わりにやってあげるような「代返行為」を防ぐため準備です。面倒でしょうが、どうぞご了承ください。

また、登録プロバイダを変更したい場合は(1)カジノの参加意思表明スレッドに「新しい登録プロバイダを報告」し、「その変更が何回目の変更か」を書き込み、(2)「同じ内容のことをZIPANGさんに郵便局で報告」してください。

参加意思表明サイクルは、例えば 8月31日22時1分 〜 9月30日22時0分 に書き込んだ場合は「9月の参加意思表明」とみなされます。

月末の22時0分を過ぎての書き込みは次の月の参加意思確認と判断され、前月出し忘れていた場合でも、前月分には認められません。(ZIPANGさんには極めて事務的・機械的に温情無しで処理してもらいます。)
できるかぎり、早めに表明してください。ギリギリに送ろうとしてサーバーの調子が悪い、パソコンの調子が悪いなど止むを得ない場合でも、聞く耳持ちません。

※書き込み忘れ者へのペナルティについて
●書き込み忘れ1ヶ月目
 →500万円の罰金を翌月5日22時扱いで徴収いたします。


●書き込み忘れ連続2ヶ月目
 →まず、うまぬしを今後続けるかどうか確認します。続ける場合は5000万円の罰金を翌月5日22時扱いで徴収いたします。



※参加意思書き込みの免除について
●殿堂入りうまぬし(=2回以上の優勝経験者)は、ポイントランキングスタートから1ヶ月以内に参加意思書き込みを1度行うことで、その期間内の意思確認が免除されます。書き込まなかった場合は、そのポイントランキング期間は一般うまぬし同様の参加意思確認をこなす義務が生じます。

●VIPうまぬし(=前回大会で10位以内だったうまぬし。過去にVIPであっても、前回大会で11位以下のうまぬしはVIPうまぬしではありません)は、参加意思書き込みを行わなくても、1ヶ月目のペナルティは免除されます。
(実質、2ヶ月に1度の参加意思確認書き込みでペナルティを受けなくて済むことになります。ただ、毎月書き込んでおいた方が無難でしょうね。)



インターネット上の顔の見えない人間同士のPOGという性質上、ちょっとした興味からうまぬし登録→とりあえず2〜3頭入札・落札→飽きちゃって何の連絡もうまぬしとしてのアクションもなく、ただ存在するような、いわゆる幽霊うまぬしさんが出る可能性は十分考えられます。
「たかがネット上のPOG」で”参加意思”などを要求して、あまり締め付けるのもどうかとも思いますが、積極的に参加して頂いているたくさんのうまぬしさんが、より活発で楽しく参加できるPOGにしたいと考えた上でのルールです。
どうぞご了承下さい。
| 主催者 | ルール | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
10'.うまぬしさんの義務(参加意思確認の方法 付記)
 2006年4月より参加意思確認の方法を変更いたしました。
うまぬしくん掲示板「秘密カジノうまぬし」の参加意思表明スレッドに、発言することで参加意思を表明したことになります。これは、参加意思の「代返」や「同一人物による多重登録」を防ぐための変更ですので、大変お手数ですが、以下の前準備手続きを行ったうえで実行していただけるようお願い申し上げます。

<前準備>
1)参加意思確認の書き込みは、自宅、もしくは職場などの常時使用パソコン1台からのみとします。「携帯」「プロキシを経由しての書き込み」「ネットカフェなど、自分の常時使用パソコン以外のパソコン」は認めません。

2)予め担当者であるZIPANGさんに、郵便局から、各自の「参加意思確認用使用プロバイダ」を報告してください。(例:私の場合OCNだとうまぬし郵便局で、ZIPANGさんに報告)

3)ZIPANGさんは、各自の参加意思表明の書き込みが、登録プロバイダと一致しているかどうかをカジノに書き込まれているホストでチェックします。

4)一致しないものは、参加意思を表明したとは認めません。




以上が大まかな流れになります。
今回、初の試みなので何かしらの不備があるかもしれませんが、その都度対策をとっていきたいと思います。
皆様にはお手数をおかけしますが、どうぞご協力くださるようお願い申し上げます。
| 主催者 | ルール | 15:03 | comments(1) | trackbacks(0) |
11.VIPうまぬしさんについて
前回ポイントランキングを10位以内で終了したうまぬしさんを「VIPうまぬし」と定義します。

VIPうまぬしの特典には、「うまぬし名をいつでも無料で変更できる(ただし、主催者によるうまぬし名義の認可審査はあります)」「「偉そうに自慢できる」などがあります。また、前回11位以下のすべての一般うまぬしは理由の如何に関わらず、VIPうまぬしさんを敬わなければなりません。
また、例えば友人どうしで「うまぬしくん」に参加している場合、VIPうまぬしさんは一般順位の友人うまぬしをパシリとして、カレーパンやジュースや日刊ゲンダイを買いに行かせることができます。
ただその場合、VIPうまぬしは、お金は自分で出さなければなりません。

※一般のうまぬしさんがうまぬし名を変更する場合には、手数料2,500万円で受けつけます。
| 主催者 | ルール | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
12.冬眠制度について
何らかの事情があって、しばらくうまぬしくんに参加(=参加意思確認メールの提出)ができなくなることが予め判っている場合に「冬眠」をすることができます。


★冬眠の仕方
・まず冬眠申請金として2500万円支払います。

・何ヶ月間冬眠するかを予め決めて申請します。1ヶ月あたり1000万円の参加意思予約金を支払います。

・冬眠期間は、最短1ヶ月〜最長12ヶ月間とし、途中で延長することはできません。

・冬眠期間中に何らかの理由で復帰が可能になった場合には、即座に復帰することができます。 その場合、使っていない分の参加意思予約金は返金されます。

・冬眠中でもレース賞金は得ることができますが、無料、有料ブックメーカーなど、レースで稼いだ賞金以外の金銭は、一切受け取ることが出来なくなりますうまぬしポイントは加算されます。

・一度冬眠に入った時点で、副賞的なもの(例えば団体戦によるチケットのようなもの)をもらえる権利は無くなりますが、チームからの除名はされません。

毎月1日の管理費は冬眠中も自動的に引き落とされますので、冬眠期間に入る前に持ち馬を減らす等しておくことをオススメします。

・冬眠中には、例えば入札や馬主席への書き込み、カジノへの書き込み等、すべてのうまぬし行為への臨時の参加は一切不可とし、破った場合には一行為につき5000万円の罰金を貰い受けます。


★冬眠の解除の方法
・冬眠解除は主催者にうまぬし郵便局から申請し、主催者から認める旨のメールが返信されて、有効となります。

・予め申請した冬眠期間が終了した場合でも、必ず主催者に復帰する旨メールください。

・冬眠期間終了後、1ヶ月間報告メールが無かった場合は、主催者はうまぬし登録を抹消することができます。

・冬眠解除後すぐに、再び冬眠を申し込むことも可能です。その場合、申込金は改めて支払わなければなりません。

・冬眠中に破産した場合は、主催者が本人に確認することなく競売その他を行ないます。
| 主催者 | ルール | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
13.主催者の権限
ルールに定めたことでは対処しきれない、何らかの不測の事態が起こった場合、主催者はルールに縛られず、その時々で判断してベストと思われる判断を下すことができるものとします。



その他ルールについて質問・意見等ありましたら、メールにてご連絡ください。
| 主催者 | ルール | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウインズうまぬし の使い方
うまぬしさんなら、誰でも馬券が購入できます。購入といっても、購入代金はうまぬしくん主催者が全額負担!!馬券代は主催者持ち・払い戻しはうまぬしさんへ、というかつてない画期的なウインズです。

購入はウインズうまぬし管理担当者の指定したレースのみ。販売は特に指定が無い限り、レース当日の14:00(2014年現在)までとします。
また、例えばレースの数日前などの枠順発表前に買っても構いません。ただし、一度購入した馬券は、対象馬が当日出走を取り消した場合などを含め、いかなる理由があってもキャンセルできませんので、そのつもりで先買いしてください。

馬券は100万円馬単一点勝負のみ。
払戻金はレース当日の22時の入金扱いとします。
掲示板の書き込み削除機能等を使った不正が発覚したら、馬主資格を剥奪しますので、ご注意を。


買い方は、 
◎カモノネギ ○シンガリルドルフ
のように書いてくだされば結構です。予想理由は書いても書かなくてもどちらでもいいです。
(馬単ですので、本命・対抗が逆の場合はもちろん不的中です。)
| 主催者 | ルール | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルール1
初めまして。うまぬしくん主催者です。
当初はそれほど複雑ではないルールでしたが、参加人数が増え、
各参加者の工夫に対抗していくうちに、どんどん複雑化してきました。
そのため、ルールは一生懸命読まないと難解であり、
また、理解していないと他のルールを熟知しているうまぬしさんたちに勝つことは絶対にできません。
逆に言えば、ルールを知り、ルールの間隙を突くことで他のうまぬしさんを出し抜くことも(きっと)できるでしょう。
うまぬし登録は1年中24時間受け付けておりますので、時間のあるときにゆっくり読み込み、しっかりと理解してください。
私達はいつでも新しい仲間がやってくるのをお待ちしています。

「うまぬしくん」は、JRA主催の実際の競馬をもとに遊ぶ、いわゆるPOG(ペーパーオーナーゲーム)です。
ただ、一般的によく行われているPOGと違うのは、クラシックを目指す2歳〜3馬だけではなく、
古馬に関しても同じように所有が認められているというところです。

また、一年中いつでも馬主としてのエントリーが可能であるのも特徴の一つです。
ぜひ、ルールを読んで、うまぬし審査問題に挑戦してみてください。たくさんの方の参加をお待ちしております。


目次
1.ゲームの目的
2.うまぬしポイントランキング
3.うまぬしくんに参加するためには
4.うまぬし登録が完了したら
5.指名できる馬について
6.馬を手に入れよう!
7.馬の売買
8.最低入札金額について
9.うまぬしポイントについて
10.レース賞金について
11.年度代表馬その他へのボーナス
12.馬の管理費について
13.破産について
14.各競走馬の加齢に伴う変更確認
15.うまぬしさんの義務
16.VIPうまぬしさんについて
17.冬眠制度について
18.主催者の権限


次のページ
| mild | ルール | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルール2
前のページ

1.ゲームの目的

このゲームの目的は、
『他馬主よりも高いうまぬしポイントを獲得すること』
にあります。
お金をたくさん稼ぐことでも、勝ち星を多く稼ぐことでも、所有馬を増やすことでもありません。
ただ一点、うまぬしポイントを多く得ることのみを目的に頑張ってください。

うまぬしポイントは、持ち馬がレースで好成績を残すことによって得られます。
お金はあくまで、次にポイントを稼いでくれる馬を購入するための資金と考えてください。
レースで賞金を稼いだら、そのお金を使って次の馬を購入し、さらにうまぬしポイントを獲得するというのが、
ゲームの基本的な流れになります。

関連=うまぬしポイントうまぬしポイントランキング

次のページ
| mild | ルール | 01:22 | comments(0) | trackbacks(2) |
うまぬしくん

<< 2 / 4ページ >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

このページの先頭へ